子供とまわる上野動物園のおすすめコース 

お出かけ情報

こんにちは。主婦もがんばる  さとみです。

 

春休みに上野動物園に行ってきました。久しぶりの休日お出かけ。それだけで気分はルンルンの子どもたちです。通常 月曜日が休館日の上野動物園ですが、春休みのため月曜日も開園。

これはもしかしたら穴場か?! と思ったのですが、ゲキ混みでした~シャンシャンいるしね。

 

子供がと一緒に回るため、ポイントを押さえてパンダ・ぞう・きりんは会わせてあげるぞ!とコースを回りました。

園内は広いので、見せたい動物を選んで行動しましょう♪

園内を回ったコースマップ

表門から入って

➀パンダ→②トラ→③ゴリラ→④バードハウス→⑤北極ぐま

<<<モノレールに乗って西園へ>>>

⑥ペンギン→⑦しまうま→⑧きりん→⑨フラミンゴ

<<<橋を渡って東園へ>>>

⑩サル山→⑪ぞう

の順番で回りました♪

チケット購入

料金

※2020年6月23日より、当面の間整理券が必要

 

 

 

 

 

 

 

通常 月曜日は休館日のため、もしかしたら今日は穴場?! と思いきや、やっぱり春休み。。。

ゲキ混み~甘かった。

いざ!入園

まずは東園から

パンダでは行列が。。。

トラも暑くてゴロゴロ寝ていました

バードハウスの入り口で写真スポットあり

藤棚休憩所にて

モノレールに並ぶ前

 

モノレールは記念に乗りました

お昼を済ませて、西園の方へ向かう途中にアザラシ、アシカなど横目で見ながら移動。ホッキョククマは人気で混んでる~見えない。。。

せっかくだからモノレールに乗ろうと並ぶも、外からは分からなかったけど屋根の中はくねくねしていて結構並んでる!歩こうか、乗ろうか悩んだ末。。。並ぼう!

 

 

 

 

 

 

粘ってモノレールに乗ったけど、あっという間に西園に到着。やっぱり歩いた方が早かったかもしれない。

 

西園

「キリンさんを見るぞー!疲れたから、キリンだけ!キリンだけ!」  と言いながらも、モノレールを降りてすぐにペンギンが居るではないか、、、可愛いから見るでしょ。

しまうまを発見!迫力ありました!

 

 

 

 

 

 

そして、西園での目的!キリンさん登場。わ~大きい。

キリンは迫力満点♪

サイ

フラミンゴ

 

東園へ

目的のキリンさんを見たから、東園に戻るぞー!

西園から東園に向かう前に一休み。
西園から東園へは歩いて戻りました。そして、ぞうさんがいるぞうのすむ森へ!

ぞうのすむ森

サル山の前に発見

ぞうは檻に入っていて、ちょうどお尻側しか見えず。
お~いるいる。と言う感じでした。ぞうさんと一緒に写真を撮ることは難しかったです。

お土産を購入

お土産を東園の入り口付近で購入。購入したらすぐにシャンシャンを見に行こうと考えていたからです。

レジは現金払いとカード払いで別に設置されていることに、感動しました。とてもスムーズ!

 

 

 

 

 

 

シャンシャンは観覧出来ず

お土産を買っていたらシャンシャンの観覧時間になっていました。疲れきった状態の子供たちを見て、旦那さんと検討した結果。。。今回は諦めることに。

私はめい一杯遊びたい人なので、行きたかった~見たかった~残念。

でも、この息子の姿を見ると行けなかった・・・パパも

子どもを連れて 始めて上野動物園に行って思ったこと

ベビーカーはレンタルするべき

子供がいる方は、入園してすぐにベビーカーのレンタルをおすすめします。

東園は入園してすぐ、パンダの近くにありましたよ。

 

元気だから大丈夫だろーと思ったけど、混んでる時は借りた方が良いです!

ただ、モノレールに乗るときはベビーカーを折り畳む旨の注意書きがあったので、荷物は少な目にしておいた方が良いですね。

動物園の写真は自撮り棒が必要

写真を撮っていて気がつきました。子供たちは動物に夢中でひとつもこちらを向きません。後ろ姿ばかり撮るはめに。

携帯のインカメだと、動物が後ろの方に小さく映っていていまいちでした。

なので、自撮り棒をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

園内は禁煙

園内に喫煙所が無いため、ヘビースモーカーさんはきついかもしれません。

気合いを入れて行って下さい!

 

子供は抱っこがなくなったら

もう少し大きくなったら!

せめて上の子の抱っこがなくならないと大変だということに気がつきました。

 

 まとめ

チケット購入する時や昼食を購入する時なんかは並びますが、中に入ってしまえば動物は並ばずに見れます。園内はごちゃごちゃしてますけどね。

疲れましたけど、楽しかったです。

ま~子供の喜んだ顔を見るために母はがんばる。

 

今度は空いているときに行きたいです。

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました