子供に洋服を可愛く着せたい!コツ

お揃いの靴 育児体験
お揃いの靴

こんにちは。主婦もがんばる さとみです。

 

自分の子供だものいつも可愛くしてあげたい!

子供って、気がついたらあっという間に大きくなってますよね。せっかく買ったお気に入りのお洋服も1シーズンだけではもったいない。

兄弟、姉妹と同姓なら下の子にも着せてあげることはできますが、せめて2シーズン着させたいと思って服は購入しています。

 

さてさて、その着せ方のテクニックを参考にして下さい。

 

ワンサイズ大きめの服の着せ方

2シーズン着せたい!と言うことは少し大きめの服を着せてしまうと言うことですよね。

それにはちょっとしたコツが必要になってくるんですよ。

基本的な着せ方

上着か下のズボン・スカートのどちらかはジャストサイズを着せてあげて下さい。

 

例えば、、、

上着が大きいサイズならば、下のズボンかスカートはジャストサイズ!

下のズボンが大きいサイズならば、上着はジャストサイズ!

 

絶対にしてはいけない着せ方

上下どちらも大きいサイズの服を着せない!

ダボダボしてだらしがない感じになってしまうので、絶対にしてはいけない着せ方ですね。

 

大きめのサイズのズボンやジャンパー

裾やそでをまくればOKですね。

大きめズボンを穿く子共

大きめズボンを穿く子共

ウエストが大きい場合は、ゴムのベルトがありますよ。

 

ゴムベルト使用

ゴムベルト使用

大きめのサイズのスカートやシャツ・チュニック

あまり履かせませんが、チュニックの少し長い位ならワンピース風に着させます。

注意点として、少し大きい位だから下にはスパッツやタイツのピタッとしたのを履かせてます!

大きめチュニックをワンピース風に着せる

大きめチュニックをワンピース風に着せる

この時はだぼだぼズボンNG!

上着がジャストサイズになったらスキニータイプのズボンを穿かせてあげたら可愛いですよ。

 

ワンサイズ上のものを購入してはダメなもの

季節物の靴

夏ならサンダル・冬ならブーツなどの季節物はバーゲンの時についつい来年のために購入したくなります。

しかし!

1年間でどのくらい大きくなるか予測がつかないためオススメしません。

 

翌年には小さくて履けない!なんてこともありました。

ですので、靴はその時にあったサイズを購入してあげましょう。

 

パジャマ

すぐにボロボロになります。

特に冬物は腹巻付きタイプを購入していますが、腹巻きの部分が2シーズン目はのびのびで穿けません。

毛玉もすぐに出来るし、来年も着せるために大きめのを購入しても物自体がダメになってしまっては意味がありません。

 

いつも気をつけていること

ガラ物の服は1点のみ

トータル的にガラ物は1点しか入れません。

私があまりガラ×ガラコーデは得意ではないからなのですが。

基本的にはスッキリコーデが好きです。

 

下着は見せない

子供だから下着は見せても良いや。という考えはありません。

夏はスパッツ。冬はタイツや足首までのタイツを穿かせていることが多いです。

スパッツを穿く女の子

スパッツを穿く女の子

スカートの時やキュロットの時は、下着が見えないようにきちんと1分のスパッツかオーバーパンツを穿かせています。

タイツを穿かせている時も、下着が透けて見えるのでもう1枚穿かせます。

 

それはオムツを穿いていた時もそうしていました。

見せパンツのような可愛いパンツをオムツの上から穿かせていましたよ。

オーバーパンツとスパッツ

オーバーパンツとスパッツ

まとめ

洋服はバランスが大切です。

後はママさんのセンスと好みになっちゃうんですけどね。

 

子供はすぐに大きくなってしまうから、大きめサイズも上手に着させてあげて下さい。

 

一緒に髪の毛も可愛く!
↓↓↓
簡単!幼稚園児のヘアアレンジ

 

お出かけしよう♪
↓↓↓
【1歳児】お出かけ時の持ち物

どうしよう!2歳児は外出先でオムツ交換台が使えない!

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました