バツイチ子持ち男性と結婚を悩んでいる方へ

      2018/10/21

悩む女

こんにちは。主婦もがんばる さとみです。

 

バツイチ子持ちの男性を好きになってしまったあなたへ。

そんな人と結婚を考えているけど悩んでいるあなたへ。

 

私の旦那さんはバツイチ子持ち。

養育費も払っています。

 

結婚するとき、めちゃくちゃ覚悟を決めて親の反対を押し切って結婚してしまいました。

 

だから、何があってもこの人と一生一緒にいるんだと思っています。

 

両親やお友達に反対されていますか?

なぜ、回りの方が反対するのか。

 

それはあなたのことを心配しているからです。

彼と結婚したら、今後どんなことが待ち受けているのかお教えします。

 

前妻の存在

過去は消すことは出来ません。

いつまでたっても前妻の話がちょいちょい出てきます。

 

もう、仕方のないことですが初めのころは気持ちの整理がつくまで焼きもちを焼いてしまいます。というかイライラします。

 

前妻との間の子供の存在

養育費

前妻との間にお子さんが居たなら、養育費がかかります。

これは、前妻と交わした契約などによりますが、だいたい18歳~20歳になった翌3月末までかかります。

 

相場は1人あたり2~3万ですかね。

2人なら5~6万は覚悟して置いてください。

 

結婚する前に勇気を持って、そこら辺は聞いておいた方がいいですね。

心の準備も必要ですよね。

 

結婚しようと考えていたときは、私も働いていたしその位はなんとかなるだろうと考えていました。

しかし子供が出来て仕事を辞めたら、重くのしかかる養育費。。。

 

あ~この養育費分があれば。と何度思ったことか。

 

そして、仲良く会っているとなると複雑ですよね~

会う度におこづかいなんかあげていたら、家計にひびきますよね。

 

前妻が再婚しても

養育費は払います。

前妻がもう結構です。と言わない限り払い続けるのです。

 

あくまでもお子さんは、彼のお子さんだからです。

ただし、話し合って金額を減額してもらうことが出来るかもしれません。

 

きちんとした手続きとしては、家庭裁判所に行って行います。

その時の家庭の状況によるので、減額になれば良いですが増額するかもしれないという恐れもあります。。。

 

慎重に取り組むようにしましょう。

 

お子さんが再婚相手と養子縁組したら

前妻の再婚相手の方とお子さんが養子縁組をしたら、養育費を払わなくて良くなります。

 

この場合は、お子さんに対して一番の支払い義務者が再婚相手に代わるからです。

次に待ち構えているのは彼なので、もし再婚相手が生活出来るだけの収入がない場合は養育費は変わらず支払います。

 

前妻に会わずに、こっそり養子縁組しているか調べる方法があります。

 

それは、彼に前妻の戸籍謄本を取ってもらいます。

そこにお子さんが再婚相手と養子縁組をしているかわかります。

でも、これはかすかな期待です。

 

養子縁組はいつしてもいいので、彼の養育費を支払う期間が過ぎたら手続きをすればいいんですもん。

賢い前妻なら、そうしますよね。

 

遺産相続

彼が亡くなっても、なお関わってくる前妻との間のお子さん。

その時のために貯金をしておかないといけません。

 

掛け捨ての生命保険にでも入っておくことをオススメします。

現金は無くても、持ち家や土地も財産分与に関わってくるので、その時それ相応の金額がないと家賃扱いで毎月お子さんに振り込まなくてはいけなくなる。と聞いたこともあります。

 

彼が亡くなったら、お子さんに会いに行かなくてはなりませんからね。

 

お子さんと仲が良くて定期的に会うのも、一度も会わずに彼が亡くなった時だけ会うのも、どちらも嫌ですけどね~

 

まとめ

好きな人と一緒になれることはとても幸せです。

さらに、彼との間に子供が出来たら可愛くて仕方ありません。

 

バツイチ子持ちの彼を好きになってしまったら、結婚するには相当の覚悟が必要です。

初婚の人と違い、悩まなくていいことが付いてきますからね。

 

好きになってしまったのだから仕方がない。

 

沢山悩んで、自分で決めてください。

自分の人生だから、悔いのないようにしてくださいね。

 

 

ついでに、我が家のパパはバツイチ!家庭円満の秘訣をお教えします。

 

 - ちょっと知っておくと良いこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。