子供と上野にお出かけ!初めての遠出でお勉強になったこと

      2018/12/03

東京駅

こんにちは。主婦もがんばる  さとみです。

 

子供とお出掛けしたい!上野にお泊まり計画 の報告です。

おかあさんといっしょのスタジオ収録のついでに上野動物園で遊んできました。

 

春休みだったためか、普段もあんなに混んでいるのか、、、田舎者だからわからないけど。

どっちにしても、どこに行っても混んでいました。そこで、改めて今後子連れで旅行する時のために書きとめておこうと思いました。ママさんの参考になれば良いです。

 

子どもと一緒に始めての乗り物

高速バス

家族揃って座りたければ 始発のバス乗り場から乗車すべし

旅行前に、旅行慣れしている沢山のママ友さんに伝授してもらったのが家族で並んで椅子に座りたいのであれば始発が良いとのこと。

確かに途中乗車だと4席空いているかわからないし、乗れたとしても場所が離れていたら子どもたちが泣いてしまうかもしれないという心配があったので始発の高速バス乗り場から乗車することにしました。

 

バスに設置してあるトイレは子どもは使えない

バスの備え付けのトイレは揺れが半端なくて、便座に座るのも大変でした。そんなんで4歳になったばかりの娘は「怖い!」と言って引いてしまったようです。

バスに乗る前にトイレに行っておきましょう。

 

電車

未就学児は親が付き添いなら運賃がかからない

東京駅で子供用のSuicaをみどりの窓口で購入するはずでしたが、みどりの窓口がめちゃくちゃ混んでいたのでSuicaの購入を断念しました。

しかし券売機で切符を購入する前に、近くの駅員さんに「4歳なんですが、子供のSuicaはみどりの窓口でしか購入出来ませんか?」と聞いてみました。そしたら、「JRは未就学児は親が付き添いなら、運賃はかからないですよ」と教えて頂いたので、切符の購入をする前に聞いて良かった~と思った瞬間でした。

 

ホテル

子どもたちは、どこに行っても大興奮。ロビーに居ても長い廊下を歩いてもお部屋に入っても、楽しいようです。ただ、部屋にあるお風呂は違いました。

お風呂

ユニットバスはいつもと違うことにパニック

楽しみにしていた大浴場でしたが、夕飯を済ませて帰ってきたらいつもなら子供は寝ている時間。大浴場は諦めて、部屋にあるお風呂に入りました。

子供たちはシャワーカーテンを使ってお風呂に入るのは初めてで、お湯を抜き始めてママが立ってシャワーで洗い出したから、子供たちはビックリ!

「どうなってるの~?!」「ママ何やってるの!?」

さらに、シャワーのお湯が子供たちにビショビショかかって大騒ぎでした。私は大爆笑していましたけど。

 

貸切大浴場で大満足

ユニットバスとうって変わって広いお風呂に大満足。貸切状態でのびのび入ることが出来てとても気持ちよかったです。

本当に大浴場があって良かったです。子どもたちは2日連続でユニットバスに入れたかどうか。

 

ご飯は二の次

旅行のご飯は楽しみの1つですよね。でも、子どもが一緒だと無理そうです。

現地では

旅行前は夕飯は浅草にでも♪なんて思っていましたが、近場で夕飯を探しました。

椅子に座れるかな~

ソファーがあれば良いな~

カウンターよりも家族で一緒に座れる所に!

なんて思いながらウロウロ。その間に子どもたちは「疲れた~」「眠い~」なんて言っていましたから。結局、近くの飲み屋さんに入って夕飯を済ましました。子供には、おにぎりとだし巻き卵とか注文したけど食べなくてコンビニで夕飯と次の日の朝ごはんも購入してホテルで食べさせました。

 

帰宅時

帰って来てご飯を作ろうなんて思っていませんでした。スーパーやコンビニでお弁当でも買おうと考えていましたが、それも面倒くさくなっていました。なぜなら子どもを車から下ろして一緒に買い物しようなんて、疲れすぎて無理。

どうしようかと考えた末、ドライブスルーの出来るところで購入して帰ろうという結果になりました。

 

バスから降りたら、すぐに帰りたい!バスに乗る前に帰宅時のご飯も購入しておいた方が良いですよ。

 

荷物は最低限にする

子どもと歩くと手をつなぎます。そして疲れたら抱っこ。そのため両手は空けておかないといけません。

荷物は貴重品と今日使う物以外は郵送するべしです。

 

クロネコヤマトにスーツケースを持って行き、郵送してもらうことにしました。

※サイズ140 茨城県まで1,714円でした。

 

目的地へは余裕を持って行動

何が起こるかわからない

余裕を持って行動しても、予定通り行かないのが旅です。

トイレに連れて行くにも、場所を探すのに時間がかかって行列ならさらに時間がかかります。

 

NHKスタジオパークに行くのも、タクシーで行く予定でしたがあまりにも時間があったのでバスに変更しました。

そしたらバスは行ったばかりで、しかも運行が少なく歩いてみたものの迷子になり、やはりタクシーでNHKスタジオパークまで行くことになりました。※タクシー代 570円

 

目的地のみ行くべし

今回はNHKスタジオパークに行かなければならない最大の目的がありました。それまでに子どもを疲れさせたり、機嫌を損ねてはダメです。あっちこっち寄ることもダメ。土地勘がないところは歩いたらダメ(迷子になります)。とりあえず目的地のみ行くことが重要です。

NHKスタジオパークの入り口に着いても、収録の集合場所はまた別の場所のため歩きましたからね。

 

今回の旅行で心がけていたこと

・迷子にならないようにすること

うちの子供は迷子になったことがないから、迷子になったらどうすれば良いか知りません。だから絶対に子どもと手を離さない。目を放さないでいました。

・上の子のトイレを頻繁に行かせた

子どものトイレ事情は急です。「トイレに行きたい!」と言われても、直ぐに見つからないし見つけても並んでいるから「出ない!」と言っても早め早めに行かせました。

 

まとめ

初めて子供を連れての旅行は「大変でした」の一言です。独身の時とこんなに違うものかと勉強させられました。

ご飯はたいしたものが食べられずに、本当に残念です。

 

子供が小さいうちは、車で目的地に行って帰ってくることが出来ればベストですね!移動が多い旅行は、上の子の抱っこの要求がなくなったら行きたいです。

 

 

ホテル丸谷さんの感想です。
4歳と1歳の子供を連れて家族4人で上野にお泊まり[ホテル丸谷]

 

 - 育児体験

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。