離乳食【初期・中期・後期】で使う3つの必需品!

      2018/12/06

ご飯を食べる子供

こんにちは。主婦もがんばる さとみです。

 

息子の離乳食が終わって、だいぶ食事を作るのが楽になりました。

子供が5ヶ月になると、5ヶ月健診で離乳食のスタートの説明があります。

何から作ろうか。

何を買えば楽チンに作ることが出来るのか。

悩みますよね。

私が初期に使って便利だったものは、ズバリ!おかゆがつくれる「離乳食調理セット」。

中期に使って便利だったものは「キッチンバサミ」

後期に使って便利だったものは「スープメーカー」です。

この3つは必需品です。

中期・後期に使用していた「キッチンバサミ」と「スープメーカー」は今も使います。

 

旦那のご飯も作って、赤ちゃんの離乳食も作って。。。

なんて、時間がない~

 

時短♪時短♪ラクして作りましょ。

 

離乳食の初期

おかゆですよね~。

はっきり言って、体の調子が悪くなったとき位しか作らないし、初期のおかゆってほとんど水のようなもの。

少ししか食べないから、いちいち鍋出して作ってられない~。

作り置きになると、水っぽいから氷作る容器に入れて冷凍庫へ。

なんだけど、場所とるし~

氷作る容器って自動製氷機だからついてないし~

と、探していたらありました。

 

Richell のおかゆが作れる離乳食調理セット

離乳食調理セット

離乳食調理セット

離乳食調理セット内容

離乳食調理セット内容

これがあれば、レンジでチンするだけです。

楽チンです。

かなりお世話になりました。

ご飯とお水を入れて、まぜまぜしてチンするだけ。

 

説明通りチンしてみてもう少し硬めが良いな~と思ったら、まぜまぜして再度チンしてください。自分で調整出来ます。

※まぜまぜして下さいね。吹きこぼれる場合があります。

おかゆの作り方

おかゆの作り方の説明

 

その他、生野菜やりんごをすることが出来るおろし器。ゆで野菜なんかすりつぶすことが出来るすり鉢&すり棒。水切りするこし器小分けパックが3つ付いてます。

 

離乳食の中期

中期になると、うどんやパスタなどの麺類を作ることが増えました~

なぜなら、旦那さんが麺好きのため子供のもついでに作るから。

 

そこで便利なのはキッチンバサミ!

家にあるので十分だと思いますが、外出先でも使いたい場合はヌードルカッターというケース付のがあります。

ゆでた野菜なんかも、細かくする場合は包丁使うより早いです。

 

何より、1歳4ヶ月になった今でも必需品。

長いものはまだすすれないし、なかなか噛み切れないので切ってあげています。

 

離乳食の後期

ごはんが普通の硬さで食べれます。

おかずなんかも薄く味付けしてる段階で取り出して食べさせてあげます。

そして、この時期になると野菜を食べなくなります。

今までは何の抵抗もなく食べていたのに。。。

覚えてくるんですよね~

野菜はちょっとと言わんばかりに、口に入れたらポイっと出してくるんですよね~

 

そこでスープメーカーの登場

スープメーカー

スープメーカー

これがまた便利なんですよ。

野菜とコンソメとお水を入れて、ボタンをポチっとおせば30分後には出来上がりです。

うちは、ポタージュが好きでもっぱら作るのはポタージュです。

暖かいのもおいしいんですが、夏なんかは冷蔵庫に入れて冷たくしてもおいしいです。

 

ブロッコリーとたまねぎのポタージュを作ります

スープメーカー

スープメーカー

↓↓↓
完成!

ポタージュ

ブロッコリーとたまねぎのポタージュ

あとは、ミキサーなのでバナナジュースを作ったりお菓子を作る時にも使ってます。

 

ちなみに、私が愛用しているのはコイズミのスープメーカーです。

 

まとめ

子育て中は、どれだけ時間があっても足りない。

こんな時に、甘えん坊になって抱っこ~とか仲良く遊んでたなと思ったらいつの間にか喧嘩してたり。

ご飯を作る、このタイミングに。。。

なかなか作業がはかどらないから、便利で早く作れる道具は必需品です。

 

【おかゆが作れる離乳食調理セット】【キッチンバサミ】【スープメーカー】がおすすめです。

 

 

 - 育児体験

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。