自分で機種変更!ドコモオンラインショップ【docomo with】

      2018/12/03

ドコモオンラインショップの段ボール

こんにちは。主婦もがんばる さとみです。

 

やっと新しい携帯に変更しました。

5年半使いました~

携帯料金って高いですよね。

今よりも安くならないか。調べました!調べました!

久しぶりにポチポチしまくりました。

 

ドコモの携帯を使っていて、もうそろそろ変更したいな~と考えている人は参考にして下さい。

オンラインショップで携帯電話を購入すれば、自分で機種変更できるんです!

 

携帯電話の変更をするきっかけ

アプリの更新が出来ない

いくら使っていないアプリを削除しても、携帯の中には積もり積もっていく見えないデータ。

そんなに機械に詳しくないので、ぐちゃぐちゃいじくるのは怖い。。。

 

それでもアプリの更新するために必要な容量が無いらしく、更新することが出来ないでいました。

 

アプリが使えなくなる

便利だと思って使っていたアプリが、更新するにあたって携帯が古いため対応できなくなる。

使いたいアプリは対応機種ではありません。と言うことで使えない。

 

画面が傷つく

子どもと一緒に遊んでいたら、携帯が吹っ飛んで画面に傷がついてしまったんです。

 

これが決め手になりました。

携帯を安く購入するために

ドコモオンラインショップで購入

ドコモオンラインショップで携帯を購入する。なんと、事務手数料がかからないんです!

2,000円の事務手数料が浮きます。→ 契約事務手数料

 

docomo withの対象機種を選ぶ

詳しくはこちら

・ずっとドコモを使う

・機種にこだわりがない

のであれば、docomo wit対象機種をおすすめします。

docomo with対象機種から携帯を選べば、ずーっと¥1,500円の割引をしてくれるんです。

これはdocomo with対象機種に変更するしかないでしょう。と思いました。

 

機種変更する流れ

ドコモオンラインショップで欲しい携帯を選んで購入すれば、自宅に郵送されてきます。

簡単に説明すると、ネットショッピングと同じですね。

準備するもの

・dアカウントのIDとパスワード

・クレジットカード または 特定の金融機関口座

 

申込みの時に決めること

・商品受取方法の選択(自宅またはドコモショップ)

・料金プランの選択

・支払い情報(一括払いまたは分割払い)

・割引キャンペーンの選択

・ケータイ補償の選択

 

その他注意点

・データのバックアップをしておくこと

開通時にデータの移行は自分で行うようになります。

 

実際に購入して てこずったこと

それは、古い携帯から新しい携帯に開通の手続きをすること。

「お申込み履歴」から開通の手続きを進めるのですが、ない!!!

開通の手続きをする場所が、どこにあるのか全くわからなくて通話が出来ない状態でした。

 

ずっと、お客様サポートのMy docomoのページにあるとばかり思っていました。

 

わからないので、ドコモオンラインショップセンターに電話して開通の手続きをしようかと諦めかけました。

最後にドコモのホームページから「お申込み履歴」を検索したら、ダイレクトに出てきたので無事に開通の手続きが終了しました。

 

あとは少々時間はかかりましたが、なんとか問題なく出来ました。

使いたいアプリ関係はダウンロード&アップロードをひたすらやるのみです。

 

後日、わかりました!

説明書を読んでいなかった自分がいけないのですが。。。

 

オンラインショッピングのトップページの下の方に「お申込み履歴」がありました。

ドコモオンラインショップの画面

ドコモオンラインショップの画面

 

機種変更をするのに悩んでいる方は

ドコモショップに行くのも電気家さんに行くのも、なんとなく億劫だな~と思ってなかなか機種変更が出来ないことってありますよね。

ドコモ使用者ならドコモオンラインショップで携帯電話の購入をおすすめします。お店で待つことをしなくて済むんですよ。

それに少しでも安く抑えたい方は、機種に強いこだわりがなければdocomo with対象の携帯電話をおすすめします。

 

まとめ

それでも、自分では出来そうにない。 と思った方は、携帯電話の受取場所をドコモショップに指定して下さい。

手続きでわからないことを教わることも出来るそうです。

 

自分で出来なかったらどうしよかドキドキしましたが、なんとか出来るものですね。

是非!

 

ブログをやっている方は
↓↓↓
Jetpackの連携が出来ない!もしかして携帯替えました?

 

 

 - ちょっと知っておくと良いこと

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。