抱っこ紐はスリングとエルゴを使い分け

      2018/12/06

子供を抱っこ

こんにちは。主婦もがんばる さとみです。

 

子供を授かって、もうすぐ赤ちゃんとご対面!!何を準備するものか、悩み中ではないですか?

それがまた楽しみの1つですよね。

 

準備品のリストに抱っこ紐を検討中の方へ参考にしていただけたらと思います。

こちらも見てみてください。
↓↓↓
出産準備リストと意外と使わなかったもの

スリングとエルゴの2つを使うきっかけ

私は1人目出産の時、抱っこ紐といえば=エルゴだと思っていました。

そして、市の出産祝いでエルゴの抱っこ紐がいただけることを知っていたので、抱っこ紐は自分で準備しなくていいな。と思っていました。

 

そして、いざ出産を終えて家で育児が始まったら、、、

・母乳して抱っこ。
・寝かしつけるのに抱っこ。
・泣いたら抱っこ。

抱っこ抱っこの毎日とすくすく育つわが子に、1ヶ月頃にはとうとう手首が痛くなってしまいました。

 

抱っこに慣れていないので、手首に力が入っていたのかな。。。

エルゴを使おうかな~と思い説明書を見ると、生後4ヶ月から(首が座ってから)の使用可能と記載されていました。

まだまだ使えないから、何かないかと探したところ、そこで始めてスリングという抱っこ紐を発見して購入しました。

 

そのため、エルゴとスリングの2つの抱っこ紐を使用することになりました。

今では、2つの抱っこ紐があって良かったです。

使い分けることをオススメします。

 

スリングとエルゴの「メリット」・「デメリット」

スリング

私が購入したのはAKOAKOさんの携帯スリング

首が座ったらエルゴを使う予定だったので、それまでの抱っこ紐と考えていたため。

「メリット」

・とっても薄くて軽いのでコンパクトに畳めるから、持ち運びが便利。

・気軽に洗える。

・新生児から使える。

 

「デメリット」

・片方に肩掛けのため、子供の成長と共に肩に負担がかかる。

 

エルゴ

メリット

・子供の重さを腰と肩に分散されるので、肩に重さが感じられない。

 

デメリット

・首が座るまで使えない。

・使わないとき、とってもかさばるので持ち運びは邪魔。

 

 スリングを使うとき

家の中

新生児のときは、あまり外出せずにほとんど家の中にるため家の中にいるときは、常に肩からスリングをかけていました。

本当に便利で、今までおっぱいしたら抱っこ。寝かしつけるのに抱っこ。泣いたら抱っこ。の全部をスリングに子供を乗っけて手を添えるだけで、抱っこしているようなものですからね。

 

そして、いくら泣いていてもすぐに寝ます

 

びっくりするくらい寝かしつけるのが楽チンです。

スリングの中がママのお腹にいた時と同じような形になるようです。

首がガクっとなって心配するときもありますが、ものすごく気持ちよさそうに寝てくれます。

 

ちょっとした移動

ちょっとした移動は1歳前後(しっかり歩けるようになる)まで使用してました。

・家から車に乗せるまでスリング使用。

・車からスーパーの買い物カートに乗せるまでスリング使用。

・病院で診察が必要な時はスリング使用。

 

エルゴを使うとき

家の中

子供の体がしっかりしてくると体重も増えてくるので、肩が凝るなと思ったらスリングからエルゴに変更。

・食事を作るときは、おんぶして使っていました。

抱っこしていたら前が見えないのと、子供の手が調理器に届いて危ないからです。

食事を作っている間に寝てしまうこともしばしばです。

 

ママのショッピング

スーパーの買い物のときは買い物カートを使用してましたが、その他のショッピングなどでカートが邪魔な場合や両手を使いたい時はエルゴで抱っこ&おんぶしてました。

 

まとめ

私はたまたま2つ使えることになったので、時と場合によって使い分けることが出来ました。

結果、とっても便利だったので2つの抱っこ紐の使用も検討してみてください。

スリングもエルゴも始めは使い方に悪戦苦闘しますが、慣れますよ。

 

お出かけ出来るようになったら
↓↓↓
【1歳児】お出かけ時の持ち物

 

 

 - 育児体験

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。