断乳後のバッキバキおっぱいを乗り越えよう

      2018/12/06

子供を抱っこするママ

こんにちは。主婦もがんばる さとみです。

 

昨日、下の子の断乳をしておっぱいがバッキバキの状態です。

 

めちゃめちゃ痛いです~いたた。

 

断乳の短期戦をしたママさん、お子さんも頑張っておっぱいとさよならしたんです。

今度は自分も頑張る番ですよ。

 

だんだん痛くなるおっぱい

決意をして、断乳をしたママさんの中にはこのおっぱいの痛さで諦めてしまう方もいるかもしれません。

まさに今、私は少しおっぱいを吸わせてしまおうか葛藤しているところです。

 

しかし、しかし!!!

 

せっかく夜のあの激しい戦いが過ぎて、子どもはおっぱいを諦めようとしているところだから、ここであげたらまた初めからスタートになってしまいます。

ここは、あと少し我慢するしかない。

 

おっぱいが張る理由

断乳してすぐに母乳が止まる訳ではありません。

今まで、子供がおっぱいを飲みそうなタイミングや泣いたりしたら、それに反応して作られていたのですから急にいらないですよ~となっても今まで通り母乳が作られるんですよね。

子供に母乳を吸われる訳でもなく、おっぱいに溜まった母乳がパンパンになるんですよね。

 

対処方法

バッキバキのおっぱいは少しでも触れると痛いですよね。

でも、母乳が作られるスピードが遅くなるように。そして段々なくなるようにしなければなりません。

 

痛いのを我慢して放っておけばいつかは。。。と期待してしまいますが、乳腺炎になってしまうリスクがあります。

少しでもおっぱいを楽にして乗り越えましょう。

食事

・脂っこいものを取らない

・甘いものを取らない

・量を減らす

上記のことを気をつけて食事制限をすれば、楽になるようです。

ですが、女子だもの甘いものには目がない。

そして痛くなるおっぱい。。。

 

お風呂タイム

・入浴はせずにシャワーですませる。

体を温めると、血の巡りが良くなって痛くなってしまいます。

 

搾乳方法

・ゆっくりと乳輪に少し圧を掛けながらする。

ぎゅっぎゅと強く絞らないで下さい。赤ちゃんが吸っているんだと勘違いするようです。

 

そっと手でおっぱいを撫でるだけでも、母乳が出て来ます。少し搾乳すると楽になりますよ。

始めは、バッキバキのおっぱいを触るのも痛くて嫌ですが、乳頭から母乳が出るか確認してから搾乳を行うと出て来ます。何回かやっているとそのうち出なくなるので、そしたら終了ですね。

 

また痛くなったら搾乳しましょう。

 

冷やす

・わきの下あたりを保冷剤で冷やす。

出産後にうまく授乳出来なかったとき、保冷剤などでわきの下を冷やしませんでしたか?

熱が出るので、冷やすといいですよ。

 

楽な体勢を探す

私の場合は、横になるよりも立ったり座っていたほうが楽なことに気がつきました。

 

まとめ

断乳の最終段階ですよ。もう少しです。

ここでまたおっぱいをあげたら、また初めからになります。

長期戦に切り替えるのも手ですが、結局はこの痛さに耐えなければならないのです。

 

頑張りましょう!

 

 - 育児体験

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。