子供の姉弟ケンカをさせないための親の対策

      2018/10/15

お水で遊ぶ姉弟

こんにちは。主婦もがんばる  さとみです。

 

最近のうちの子供たちは喧嘩が絶えません。はっきり言って姉弟ケンカはするもの!仕方ない。 と諦めていましたが、一筋の光を見つけました!

 

ポイントはお姉ちゃん!お姉ちゃんになってもらうことです!

 

ケンカする流れ

ほぼ!

お姉ちゃんが使っているおもちゃを下の子も使いたくて無理矢理 取ります。

お姉ちゃんが「まだ使いたい!」 と取り返そうとします。

ん~!ん~! と取り合いが続きます。

そのうち、お姉ちゃんが「叩くよ!」 と言うのと同時に下の子の頭を「バチん」 と叩きます。(叩いてるし。。。と心の中で思う私。)

下の子の反撃が始まります!

 

下の子が1歳前後の頃は、お姉ちゃんにおもちゃを取られて泣いていただけでした。その頃から比べると、成長したな~と思う瞬間です。

おもちゃを取られて泣く子供

おもちゃを取られて泣く子供

 

それにしても、下の子は加減を知らないから反撃がヒドイ

姉弟ケンカの負傷箇所

姉弟ケンカの負傷箇所

ケンカの原因

お姉ちゃんを大好き過ぎる下の子

最近わかったんです。下の子がお姉ちゃんを好きすぎるからケンカが始まることを。

どういうことかと言うと、好きすぎてお姉ちゃんの真似をしたがるんですね。

・お姉ちゃんの言葉を真似する

・お姉ちゃんの行動を真似する

・お姉ちゃんの使っているものはボクも使いたい

・お姉ちゃんの食べてる物はボクも食べたい

・お姉ちゃんの好きな物はボクも好き

・お姉ちゃんの嫌いな物はボクも嫌い

などなど、お姉ちゃんの真似をしたいから取り合いが始まるんです。同じものが2つあってもダメです。

下の子はお姉ちゃんの使っているものが良いんです! お姉ちゃんは、自分の使っているものが良いんです!

 

問題はお姉ちゃんにも

下の子におもちゃを取られると「ねーえ!!」「ぎゃー!!」とすぐに騒ぎ始めます。

 

ケンカをさせないための対策

下の子には

2歳児にもなると、話していることは理解出来ます。お姉ちゃんがギャーギャー騒いでいると、取ったおもちゃを頑なに守ります。

そこで、「お姉ちゃんも貸して欲しいんだよな~貸してくれる?」と優しく何度も何度も下の子に説得すると、下の子は考えて考えて「はい、どうぞ。」と言って貸してくれるようになりました。

 

お姉ちゃんには

きちんと話すようにさせる

下の子にどうして欲しいのか言いなさい!と話しました。

「ねー!」「ぎゃー!」と言わないで【貸して欲しい】【順番ね】と、きちんと伝えるようにしようね。と話しました。

 

マイナスなことはしない

「貸さない!」「ヤダ!」と言ったり、 叩いたり押したりするこはしない!

下の子が真似して同じ行動をするから、我慢するようにさせています。

 

今後の対策

下の子には

「貸して」をわからせる。

言わすのではなくて、物の貸し借りは順番にするのもだと言うことをきちんとわかってもらえるように教えたいと思います。

 

お姉ちゃんには

私は「お姉ちゃんなんだから」とはあまり使いたくないフレーズなんです。

だから、「お姉ちゃんだから教えてあげて」「お姉ちゃんだから出来る」と言うようにしています。

 

下の子におもちゃを取られたら、お姉ちゃんには「貸して?」って言ってごらん。「お姉ちゃんだから出来る!」と背中を押すようにします。

 

まとめ

ケンカする時期だから仕方ない。 と諦めていましたが、やっとケンカをさせないための一筋の光を見つけました。

何度も何度もケンカをしないような方向に持って行くのに、親は忍耐が必要になります。それに、お姉ちゃんにも協力が必要になりますね。

お姉ちゃんには、お姉ちゃんになってもらうのがカギになりそうです。

 

 

 

 - 育児体験

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。